花まる学習会王子小劇場 中高生演劇サマースクール公式ブログ

花まる学習会王子小劇場 地域還元事業 中高生演劇サマースクールの公式ブログです

中高生演劇サマースクール2017 参加者募集!

花まる学習会王子小劇場 
中高生演劇サマースクール2017 
参加者募集!
全コースすべて募集を締め切りました。
たくさんのご応募誠にありがとうございました!

oji_ss_2017_flyer-01
毎年大人気の中高生向け演劇ワークショップ、今年も開催致します!
全コース参加費無料!!演劇経験が無くても楽しめます!!!


プロの講師と作品作りをしてみたい人の為の「集中コース」

「演劇ワークショップと作品発表」
講師:池亀三太(ぬいぐるみハンター)

皆のなんでもなく過ぎ去ったいつかの夏休みの一日を拾い集めて、新しくもどこか懐かしいひと夏の物語を紡ぎます。
「もうすぐ夏休みが終わってしまう!」そんな焦りに駆られて、なんでもないはずだった1日を特別な思い出にするための、最後の悪あがきを試みる。
夏さえ経験していれば演技経験がなくても大丈夫です!みんなの夏を演劇にしてみませんか?

《定員》20名
北区内(10名):東京都北区在住 or 在学の中高生
自由参加(10名):中高生なら誰でも参加可能

《日程》※以下の日程全てに参加できることが条件です
7月25日(火) 10:00~17:00 ワークショップ                   
7月26日(水) 10:00~17:00 ワークショップ
7月27日(木) 10:00~17:00 ワークショップ
7月28日(金) 全日 発表公演
7月29日(土) 全日 発表公演
7月30日(日) 全日 発表公演

《池亀三太 プロフィール》
ikegame_santa

1986年生まれ 佐賀県出身。演出家、劇作家。ぬいぐるみハンター主宰。krei inc.所属。
2006年にぬいぐるみハンターを立ち上げ本格的に演劇活動を開始。
全本公演の脚本と演出を担当する他、外部への脚本提供や演出、TVドラマの脚本など活動は多岐に渡り、その哀愁とユーモアの入り交じったオリジナリティ溢れる作品で評価を得ている。
2014年秋より花まる学習会王子小劇場のプロジェクト・ディレクターを務めている。





忙しい夏休みだけど演劇がしたい!という人の為の1DAYコース

1DAY一色コース「3時間だけ、演劇やってみませんか?」
講師:一色洋平

演劇を「利用」して、珍しい「人との出会い方、関わり方」をしてみませんか?ゲームチックな事から、身体を使った簡単かつ盛り上がるメニューまで、バラエティ豊富に取り揃えます!演劇未経験の方でも、飛び込んで来て下さればあとはお任せ下さい。自分自身とも出会い直せるような、そんな3時間を一緒に創りましょう。

《定員》20名(見学可)

《日程》7月24日(月) 9:00〜12:00

《一色洋平 プロフィール》
IMG_5400
俳優。株式会社グランドスラム所属。Theater Polyphonic 音楽冒険活劇『ペール・ギュント』(演出:石丸さち子)で主演をつとめるなど、出演舞台多数。演劇集団キャラメルボックスでは、2016グリーティングシアター『嵐になるまで待って』に続き、 2016クリスマスツアー『ゴールデンスランバー』と、キャラメルボックス史上初のゲストの2公演連続出演を果たしている。
テレビドラマでは、2013年配達されたい私たち 第5話 WOWOW  磯辺直也役(メインゲスト)、2015年月曜ゴールデン 税務調査官・窓際太郎の事件簿28 TBS 瀬戸達也役(ゲスト主演)として出演している。


1DAY堀越コース「職業体験〜舞台俳優篇〜」
講師:堀越涼(あやめ十八番/花組芝居)

職業としての俳優を疑似体験するワークショップです。
普段聞けない舞台俳優というお仕事の裏話から、発声練習・身体訓練を経て、最終的に一つのシーンを作り上げるまでの工程を体験して頂きます。
演技経験は問いません。入社試験や資格試験の無い“プロの舞台俳優”とはどういうことなのか、一緒に考えてみましょう。

《定員》14名(見学可)

《日程》7月24日(月) 13:00〜16:00 

《堀越涼 プロフィール》
堀越涼1984年生まれ。千葉県出身。俳優、演出家、劇作家。花組芝居所属。あやめ十八番主宰。
青山学院大学在学時より花組芝居の研修を始め、2006年『ザ・隅田川』にて、正式入座。主に女形として女性の役を演じている。青山学院大学演劇研究会の同期であった中屋敷法仁主宰の劇団柿喰う客に旗揚げから参加。客演として多数出演。2008年、王子小劇場佐藤佐吉演劇祭シルバーフォックス賞を受賞。
2012年より、個人ユニットあやめ十八番を旗揚げ。作・演出を務める。
2016年佐藤佐吉賞において、最優秀作品賞を劇団として、優秀演出賞を個人として受賞している。




【会場】
花まる学習会王子小劇場
東京都北区王子1-14-4 地下1F


【応募方法】
参加希望の方は、件名を「サマースクール応募」として、下記項目を記入の上、E-MAILかFAX、もしくは予約フォームにてお申し込みください。
※3日以内に返信がない場合は、劇場までお問い合わせ下さい。

①お名前(ふりがな) ②学校名・学年 ③性別 ④住所 ⑤電話番号 ⑥メールアドレス ⑦保護者のお名前 ⑧何を見てこのWSを知ったか ⑨生年月日 ⑩希望コース ⑪志望動機

webフォーム:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc00Jv49TcCXsaSBCvL1thpGcikIy_R594Wbr5jVal9tS4Ihg/viewform
こちらに必要事項を記入してください。

FAX:03-3911-8259
E-mail:info-ohsho@proof.ocn.ne.jp


※参加費無料
※全コース、応募者多数の場合は抽選の可能性があります
※集中コース参加には保護者の同意が必要です
※経験不問(演劇部に入っているひとも、全く経験がないひとも楽しめるプログラムです)
※3つのコースの掛け持ち受講可能


【応募締切】
集中コース:7月9日(日)24:00
1DAYコース:7月15日(土)24:00


集中コース発表公演について
今年で8回目を迎える「中高生演劇サマースクール」。
今年も集中コースの受講生による発表公演を行います!
付け焼き刃の公演と侮るなかれ、毎年「泣いた」「笑った」「元気をもらった」と大変好評です。
入場無料、3回限りの公演を、是非お見逃しなく!


中高生演劇サマースクール2017 
集中コース発表公演
『なつめろ』

**********

皆のなんでもなく過ぎ去ったいつかの夏休みの一日を拾い集めて、新しくもどこか懐かしいひと夏の物語を紡ぎだす。
「もうすぐ夏休みが終わってしまう!」そんな焦りに駆られて、なんでもないはずだった1日を特別な思い出にするための、最後の悪あがきを試みる。
この夏、君のなんでもなかったようで実はドラマチックだった経験が、誰かの胸を震わせる「演劇」になるかもしれない。
君と誰かを演劇で繋ぐ夏、2017。

**********

【作・演出】
池亀三太(ぬいぐるみハンター)

【出演】
中高生演劇サマースクール2017集中コース参加者


【日時】
2017年7/28(金)〜7/30(日) 全3st

7/28(金)19:00
7/29(土)14:00
7/30(日)14:00

※受付開始、開場は開演の30分前
※入場無料、全席自由

【会場】
花まる学習会王子小劇場 http://www.en-geki.com/
東京都北区王子1-14-4 地下1F


【チケット予約】
こちらよりご予約頂けます。

※入場無料、全席自由



【お問い合わせ】
花まる学習会王子小劇場 (担当:笠浦)
E-mail:info-ohsho@proof.ocn.ne.jp 
TEL:03-3911-8259(電話・FAX共)

主催:王子小劇場 中高生演劇スクール実行委員会
後援:(公財)北区文化振興財団
平成29年度 子供ゆめ基金助成活動

中高生演劇サマースクール2016 参加者募集!

花まる学習会王子小劇場 地域発信プロジェクト
中高生演劇サマースクール2016 参加者募集!
※全コース締め切りました!
沢山のご応募ありがとうございます!
 

 
oji_ss_2016-02

毎年大人気の中高生向け演劇ワークショップ、今年も開催致します!
全コース参加費無料!!演劇経験が無くても楽しめます!!!



学校では学ぶことのできないことばかりをして、笑って、泣いて。
同じ場所にいて同じ気持ちになった。  (高校2年・女子)

芝居をつくるために皆の話を聞いていくうちに、共感できたり、逆に自分と違うと思ったり、うらやましいなって思ったり、普段の高校生活じゃなかなか無いってくらい色んな気持ちになって、どんどん皆の事が好きになりました。  (高校3年・女子)

自分は演劇が本当に好きなのか自信をなくしかけていたのですが、演劇が好きなんだ、ということを確信できました。  (高校1年・女子)
 
 

プロの講師と作品作りをしてみたい人の為の「集中コース」

「演劇ワークショップと作品発表」
講師:池亀三太(ぬいぐるみハンター)

王子小劇場サマースクールを担当します、池亀三太です。
参加者の皆さんのこれまでの人生の「記憶」と、これからの人生の「想像」をお借りして今しかできない演劇作品を創作したいと思います。なにも難しいことはやりません。ほんのちょっとだけ勇気を持って飛び込んで来てください。きっと刺激的な夏の演劇体験になると思います!待ってます!

《定員》15名
北区内(10名):東京都北区在住 or 在学の中高生
自由参加(5名):中高生なら誰でも参加可能

《日程》  ※以下の日程全てに参加できることが条件です
7月26日(火) 10:00~17:00 ワークショップ                   
7月27日(水) 10:00~17:00 ワークショップ
7月28日(木) 10:00~17:00 ワークショップ
7月29日(金) 全日 発表公演
7月30日(土) 全日 発表公演
7月31日(日) 全日 発表公演




忙しい夏休みだけど演劇がしたい!という人の為の1DAYコース

1DAY玉置コース「玉置玲央のヤリガイ@王子サマースクール」
講師:玉置玲央(柿喰う客)

シアターゲームや他者とのコミュニケーションを利用し、『演劇は楽しい』ということを追求するワークショップになります。独りではなく皆で、目標を達成する喜びを参加者の皆様と一緒に探りたいと思います。

《定員》15名(見学可)

《日程》7月19日(火) 9:00〜12:00


1DAY佐藤コース「『演技』にふりがなを振る」
講師:佐藤慎哉(アナログスイッチ)

初心者の為の演劇ワークショップです。演技をする際の指針を一緒に考えて行きます。

《定員》30名(見学可)

《日程》7月19日(火) 13:00〜16:00 



【会場】
花まる学習会王子小劇場
東京都北区王子1-14-4 地下1F


【応募方法】
参加希望の方は、件名を「サマースクール応募」として、下記項目を記入の上、E-MAILかFAX、もしくは予約フォームにてお申し込みください。
※3日以内に返信がない場合は、劇場までお問い合わせ下さい。

①お名前(ふりがな) ②学校名・学年 ③性別 ④住所 ⑤電話番号 ⑥メールアドレス ⑦保護者のお名前 ⑧何を見てこのWSを知ったか ⑨希望コース ⑩志望動機

webフォーム:こちらに必要事項を記入してください。
FAX:03-3911-8259
E-mail:info-ohsho@proof.ocn.ne.jp


※参加費無料
※全コース、応募者多数の場合は抽選の可能性があります
※集中コース参加には保護者の同意が必要です
※経験不問(演劇部に入っているひとも、全く経験がないひとも楽しめるプログラムです)
※3つのコースの掛け持ち受講可能


【応募締切】
集中コース:7月10日(日)24:00
1DAYコース:7月15日(金)24:00



講師プロフィール

ikegame_santa
集中コース講師:池亀三太(いけがめさんた)

1986年生まれ 佐賀県出身
脚本家/演出家/俳優 「ぬいぐるみハンター」主宰 krei inc.所属
2006年に劇団、ぬいぐるみハンターを立ち上げ本格的に演劇活動を開始。近年は外部での演出、脚本提供など積極的に行っている。またアーティストのライブ演出、TVドラマの脚本、WS講師、ソロコント公演など活動は多岐に渡る。
演出作品「すべての犬は天国へ行く」にて、王子小劇場佐藤佐吉賞2015最優秀作品賞を受賞。



tamaoki_
1DAYコース講師:玉置玲央(たまおきれお)

1985年生まれ 東京都出身 
俳優 「柿喰う客」所属
劇団「柿喰う客」の中心メンバーとして活躍。劇団公演の他、『夢の劇-ドリーム・プレイ-』(白井晃演出)、『戯作者銘々伝』(東憲司演出)、『朝日のような夕日をつれて2014』(鴻上尚史演出)、『赤鬼』(中屋敷法仁演出)、『SEMINAR-セミナー-』(栗山民也演出)、『真田十勇士』(宮田慶子演出)など客演多数。最近では、NHK大河ドラマ『真田丸』、NHK連続テレビ小説『花子とアン』、フジテレビ『探偵の探偵』など映像への活動の幅も広げている。また、演劇ユニット「カスガイ」の主宰として活動。驚異の肉体を持つ、最も注目される俳優の一人である。


佐藤
1DAYコース講師:佐藤慎哉(さとうしんや)

1989年生まれ 新潟県出身
脚本家/演出家 「アナログスイッチ」主宰
2012年に「アナログスイッチ」を旗揚げ。全作品の作・演出を手掛ける。2014年国際コメディ演劇フェスティバル・ベストコメディアワード受賞。
鴻上尚史が主宰する「虚構の劇団」にも参加し、演出助手を務める傍ら演劇のメソッドを学ぶ。
外部の演出助手としても活動。西田シャトナー演出「弱虫ペダル」など。







集中コース発表公演について

今年で7回目を迎える「中高生演劇サマースクール」。花まる学習会王子小劇場の夏の風物詩とも言えるこの企画の目玉は、集中コースの受講生と、小劇場で活躍する若手アーティストによる発表公演です!
入場無料、3回限りの公演を、是非お見逃しなく!


中高生演劇サマースクール2016 集中コース発表公演
『僕たちはなんとなく幸せになるんだ』

**********

君が君の魅力に気付く夏、
君の個性の全てを肯定して、
共に立つ誰かの全ての個性も肯定して、
無限に広がる劇世界でタイムリープを試みる。

そこはいつかどこかで見た光景。
授業中に窓の外の誰もいない校庭で止まったままのブランコを眺めていたら教室の外の世界はまるごと時間が止まってしまったんじゃないかと不安を覚えた。遠くで誰かが君を呼んでるような声が聞こえる。振り返ると教室中に響くみんなの笑い声と「怒ってます」を表すときの先生の甲高い声が鮮明になる。顔を真っ赤にしながら慌てて立ち上がり、指定された教科書P24の6行目から声に出して読む。1つ1つ間違えないように細心の注意をはらいながら慎重に慎重に読み進めていく。
これからもこの調子。
この調子で、いっぱい学んで、いっぱい遊んで、いっぱい笑って、いっぱい泣いて、いっぱい怒って、いっぱい声を出して、そうやってなんとなく、僕たちは幸せになるんだ。

この夏、君のなんでもなかったようで実はドラマチックだった経験が、誰かの胸を震わせる「演劇」になるかもしれない。
君と誰かを演劇で繋ぐ夏。

**********

【作・演出】
池亀三太(ぬいぐるみハンター)

【出演】
中高生演劇サマースクール2016集中コース参加者


【日時】
2016年7/29(金)〜7/31(日) 全3st

7/29(金)19:00
7/30(土)14:00
7/31(日)14:00

※受付開始、開場は開演の30分前


【会場】
花まる学習会王子小劇場 http://www.en-geki.com/
東京都北区王子1-14-4 地下1F


【チケット予約】
こちらよりご予約頂けます。

※入場無料、全席自由



【お問い合わせ】
花まる学習会王子小劇場 (担当:つくに)
E-mail:info-ohsho@proof.ocn.ne.jp 
TEL:03-3911-8259(電話・FAX共)

主催:王子小劇場 中高生演劇サマースクール実行委員会
後援:(公財)北区文化振興財団

2015年参加者の感想2

「王子小劇場サマースクールを終えて」

「一生忘れない6日間」大げさに聞こえるかもしれないけど、本当に充実した濃い毎日でした。
友達にサマースクールを紹介されて、受験生だというのもあって少し迷いましたが、「参加できる最後の年だから」と思い参加を決めました。

サマースクールの初日、初めて皆と顔を合わせたときの事は緊張しすぎてあまり覚えていないのですが、高校三年生が意外に多いことに驚きました。
芝居をつくるために皆の話を聞いていくうちに、共感できたり、逆に自分と違うと思ったり、うらやましいなって思ったり、普段の高校生活じゃなかなか無いってくらい色んな気持ちになって、どんどん皆の事が好きになりました。年齢も、住んでるとこも、学校も、性別も違うけど、そんなの全然関係なくて。そうゆうとこが学校と違うし、良かったです。学校の友達にも、親にもできなかった話ができたりして、嬉しかったです。

サマースクールがずっと続けばいいのにって思ったけれど、それはできなくて。
本番、お客さんが入って、ものすごく緊張していたんです。でも、見回したらちゃんと皆がいて、それで安心して、お客さんが笑ってくれているのが見えると楽しくなってきて。2日目、3日目は本当に即興で、もちろん不安もあったけれど、その不安とか緊張とかも、「いいんだ」って受け入れたら、自然と楽しくなっていきました。
あと、皆の言葉がすごく素直に信じられて。色々な人に「大丈夫だから」って言われて、「ああ、大丈夫なんだな」って思えている自分がいて。不思議な感じがしました。

終わってしまったいま、朝、王子に向かわないのがちょっと変な感じがしています。たったの6日間だったけど、皆の存在が、すごく大きなものになりました。それは、ただ一緒にいたからって訳ではなくて、嬉しかったこと、悲しかったこと、辛かったことを共有したからだと思っています。

わたしは高校三年生なので、残念ながら来年は参加できませんが、必ず本番を観に行きたいと思っています。やる側から観る側になった時に自分はどんな事を思い出すのか、どんな事を感じるのか、いまから楽しみです。
サマースクールに参加したことがない人には是非参加してもらいたい‼
本当によい経験ができました‼ありがとうございました!

(高校3年・女子) 


----------------------------------------


とてもたのしく、おもしろかったです。

最初の稽古で、自己紹介ばかりしていて、これで本番、完成するのか、不安でした。けれども本番は、上手く出来ました。
休憩時間も、皆が、話しかけてくれて、嬉しかったです。たまに、レット・イット・ゴーを歌ったり、とても明るい雰囲気でした。お弁当なども、皆で輪になって食べていました。
中学一年生から、高校三年生まで、団結していて、たった、6日間だけしか会っていないけれど、友達のようでした。

また、自分のエピソードで、劇をするときは、aさんの役をしている子が、本当のaさんに思えて、演劇の力って凄いと感じました。演劇と、遊びの中間のような劇だと思いました。また、この16人ではないとできない劇であると思いました。

今回のサマースクールで、アドリブの大切さがわかり、成長できました。
また来年も、参加したいと思います。

(中学1年・女子)


----------------------------------------


今年のサマースクールが初参加で、私は人見知りなのでドキドキしながら初日を迎えました。
去年からの参加者や、友達と参加している人が多く、初日は誰にも話しかけることができず休憩時間を1人でぼーっと過ごしていました。すると私のところに何人か話しかけにきてくれて、1日目の午後には普段のテンションを少しずつ出せるようになってきました。
 
1日目はひたすら自己紹介をやっていました。でもただの自己紹介ではなくて、隣の人になりきってやってみたり、将来の自分になりきってやってみたりと頭を使わないとできないことでした。
経験したことのないようなことばかりをして、ワクワクしてきました。

2日目、3日目になると初日に話さなかった友達とも話せるようになり、毎日王子に通うのが楽しくなってきました。
そして4日目から本番だったのですが、即興で劇をするため、2時間公演だというのにほぼ暗記することがなく、その場で考えなくてはならないのでドキドキしました。話がスベったらどうしよう、とか変な間ができたらどうしよう、とか色々考えて緊張していました。
でもスタッフさんや友達が声かけしてくれて、本番までになんとか緊張もほぐれ、無事公演初日を終わることができました。
 
5日目、6日目も公演でしたが、初日公演以上に「即興劇」の面が強かったです。どんな性格のどんな役を演じればいいのかは本番になるまでわからなくて、ほんとにドキドキしました。
でもだからこそ、それぞれの日常が描きだされている感じがして、素敵でした。私は恋愛をしたこともなく、普段テレビドラマを見ても泣かないのですが、たった5分ぐらいの恋愛の即興劇を見て、思わず涙がこぼれました。そのくらい素敵でした。
 
最終日のお別れの時には、翌日目が腫れるくらい大泣きしました。素敵な友達16人にせっかく出会えて、やっと仲良くなり始めたのに、もうお別れしてしまうというのがとても寂しかったです。
演劇が上手くて、それでいて優しくて素敵な友達と、たくさん話しかけて下さったスタッフの方々、そしてたくさん指導をしてくださったあきらさんに出会えて本当に幸せでした!
 
自分は演劇が本当に好きなのか自信をなくしかけていたのですが、演劇が好きなんだ、ということを確信できた6日間でした。来年もぜひ参加したいです!

(高校1年・女子) 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ